雑学

草食系男子共感!ヒグラシよお前もか…哀しげな夏の終わり【旧暦第38候 寒蝉鳴ひぐらしなく】

<寒蜩(ひぐらし)が鳴く時期/新暦8月13~8月17日頃> みにしば 知ってました? ヒグラシって蝉なんです! こんにちは。言葉にならない草食系男子の感情表現に萌える、みにしばです。 今週はお盆休み。そして恋の季節が過ぎゆく予感。 ヒグラシが暦になるほど人間に特別に親しまれていたのは、なぜでしょう? この記事は、知ればきっとヒグラシが好きになる雑学ネタです。   ヒグラシは特別 &nbs […]

恐竜より強い?!清らかな蓮の女神【旧暦第32候 蓮始開はすはじめてひらく】

<蓮の花が咲き始める時期/新暦7月12~7月16日頃> みにしば こんにちは。蚊を一撃でしとめるのが得意な、みにしばです。たっぷり血を吸わせて、蚊自身の重みでヨロヨロ低空飛行しかできなくなったところを狙う「先負け戦法」ですのよ。   旧暦6月(水無月みなづき)=新暦7月に入り、あたたかい南風が吹きはじめると、蓮(ハス)が花を咲かせます。 蓮は仏教のシンボルフラワー。それだけじゃない魅力をお伝えしま […]

内向き女子に告ぐ!鳴かぬ蛍になんかなるな【旧暦第26候 腐草為蛍くされたるくさほたるとなる】恋愛編

<蛍が光り出す時期/新暦6月11日~6月15日頃> こんにちは。 言いたいことを我慢すると、わかりやすく便秘になる 魂と心と体が仲良しすぎる、みにしばです。 さて、今日は【第26候腐草為蛍】(くされたるくさほたるとなる)。 この蛍の光、草蛍の幼虫だったりもするんですよ。 信州でも、草の根に蛍の光をみつけ、梅雨入りの時期。 蛍と言えば、かなわぬ恋の象徴でしょうか。 今日は、雑学少なめ、内向き女子のた […]

技あり!タケノコで夫婦喧嘩を逃げ切る 【第21候 竹笋生タケノコしょうず】 

<タケノコが生えてくる時期/新暦5月15日~5月20日頃> 時間をかけて育まれ、大切にされてきたものには、それだけの価値があると信じている私にとって、旧暦24節気と72候もそのひとつ。72候を出発点に、日々の暮らしや季節の小さな変化に趣を感じたポイントを、現代人みにしばが独自の視点で深堀し、古人と共感でつながる実験を記録しています。 こんにちは。学生時代、タケノコの高級ブランド「孟宗竹」の産地、京 […]

4.6億年のサバイバル術!!黙って負けてるフリをせよ【旧暦第20候 蚯蚓出ミミズいずる】

<ミミズが地上に這い出す時期/新暦5月10日~5月14日頃> こんにちは。 第二の人生の最終目的地を、風の谷のナウシカの「おおばばさま」に設定した、みにしばです。 美魔女と流行りものには近寄りません。 現代では、気持ち悪い~って嫌いな人も多そうなミミズ。 なぜいにしえの人は、旧暦にわざわざミミズが這い出す時期を記したのでしょうか? そんな謎が解けますように。 ミミズにまつわる温故知新の世界を、旧暦 […]

日本一カエルを愛するなわて通り!【旧暦第19候 蛙始鳴かわずはじめてなく】

<蛙が鳴き始める時期/新暦5月5日~5月9日頃>     みにしば こんにちは、春の陽気が嬉しいみにしばです 寒い冬はほとんど冬眠状態だったから、おでかけが楽しい! 5月5日は端午の節句。 新緑の香り、すがすがしい風、初夏らしい晴れた日が続きます。 24節気の「立夏」に入りました。72候はというと カエルが泣き始め ミミズが姿を見せ タケノコが生え始める時期となっています &n […]